MENU

マンネリの同棲状態から結婚へと導く為の心構え

最近では同棲は、お互いの相性を確かめる為に良い方法とされています。
しかし同棲状態が長く続くと結婚のタイミングを逃してしまい、入籍しないまま年月が経ってしまいます。
あくまで同棲ですので何かあった時に簡単に切れてしまう関係では寂しいですよね。
同棲をしていたことを無駄にしない為に、結婚に踏み切るきっかけとなるのはどのような行動でしょうか。

 

1. 二人で旅行に行く

 

お互いのプライベートを大切にしたいからと、毎日一緒に暮らしているだけで普通の生活を続けているだけでは今の状態に慣れてしまい、結婚の必要性を感じなくなってしまいます。
そのまま既にマンネリを感じるようになると、どちらからともなく同棲を解消したくなってしまうでしょう。
定期的に二人で旅行に出かけて思い出作りをしたり、記念日を祝うなどして共通の時間を作ることが大切です。

 

2.お互いの両親に紹介する

 

同棲をしている状態で一番ないがしろにされているのが、お互いの両親への挨拶です。
思いきってお互いの両親の元へ挨拶に行くことでけじめをつけることができるでしょう。
そもそも両親に挨拶を嫌がるような相手とは別れた方があなたの幸せの為です。

 

3.奇数年後の計画を立てる

 

きちんと期限を決めて、将来どんな状態でいたいか話し合いましょう。
コツは1年後に同棲は解消してその後結婚するか決断する、3年後には子供を作ることを考える、5年後には一戸建てを考えて頭金を貯めるというように、奇数年後に二人の将来の計画を立てることです。
とりあえず1年後にはきっちりと結論を出すようにしましょう。

 

終わりに

 

結婚すると自由がなくなると言う人もいますが、子供ができて家庭ができればそれもまた楽しい人生と感じる様になるものです。
今の状態で仕事を続けて将来独居老人となることを考えると、結婚も悪いものではないですよね。